急に生活費に困った、もしくは予期していなかった教育費の支払が発生した時、もし郵便局の学資保険に加入していた場ならばお金借りることができます。
メリットとしてはまず一番に、即日現金を借りられる点が挙げられます。学資保険の契約者本人が近隣の郵便窓口へ朝9時から16時までの間に、健康保険証もしくは運転免許証などと三文判でもいいので印鑑、それに学資保険の保険証券を持参すれば、15分程度で現金を受け取ることができます。しかも全国どこの郵便局の窓口でも、同じ手続きで借りることができます。
利息は契約した学資保険によって異なりますが、街金や銀行で借りるよりも安い利息です。
期間や返済方法も厳しくありません。1年以内に借りた日数の利息だけを払えば期間を、利息を払った日から1年延長できます。2年間利息も元本の返済もなければ、保険金額から法定弁済で返済がされます。借りることのできる金額は、それまでに払った保険料が担保の形をとっているようです。
月の返済金額が決められているわけではなく、返済したい時に返済できる金額を郵便局に持参すれば、10分とかからずに手続きができます。返済のみの手続きであれば、契約者の家族が代理で簡単に行うこともできます。
返済金額が残ったまま満期を迎えた場合は、満期保険金から返済され残額を受け取る形となります。
郵便局の学資保険でお金を借りれば、お子さんのために積み立てた保険を解約することなく、無理な返済にも頭を悩ますこともありません。利息も比較的低く、法定弁済や満期保険金などで必ず返済をすることが可能になっているのです。郵便局の学資保険でお金を借りるメリットは、何と言ってもこの安心感です。

Tagged: Obryan